フォト

他のアカウント

2014年1月14日 (火)

石神井公園の伝説の店で名物のハムカツを

小生が石神井公園の名物のひとつと呼んでいるのが、この辰巳軒のハムカツだ。
辰巳軒は昔ながら街の定食屋。ご主人は洋食畑が出身なのだが、
ラーメンやマーボー豆腐など中華料理も得意のようだ。

同店とその近くにある「ほかり食堂」には、ある伝説が残っている。
昭和26年、この近所の壇一雄宅に身を寄せていた坂口安吾が、
何を思ったか辰巳軒とほかり食堂にライスカレー100人前の出前を注文。
次々と届けられるライスカレーを芝生の上にズラリと並べ、十数人の仲間たちと片っ端から食べたという
「ライスカレー騒動」の一方の主役となった店でもある。

で、こちらハムカツは普通のハムカツと違い
二つ折りにしたハムの間に、ポテトサラダを挟んで揚げたもの。
香ばしい衣をまとったハムの塩気とポテトサラダの甘みの組み合わせが実に絶妙なのだ。
単品で注文してビールのあてにすると、これが旨いのなんのって。
チーズを挟んだハムカツはよくあるが、
まさかポテトサラダを挟むとは、目からウロコの組み合わせに拍手パチパチ。
これで1個150円はすごいと思う。
20130306_130151

▲アジフライとハムカツのセット。昔ながら洋食ぽい。

20130306_130237

▲ハムの中にポテサラ。かなりきめ細かなタイプのポテサラです。

2014年1月 9日 (木)

古典落語の魅力って何だろう?

自分のブログというのに敷居が高くなり、
更新どころかアクセスするのも気が引け足が遠のいてしまっていた次第。(^^ゞ
まっ、この間、色々とあったけど、それは追々と書くこととして、今回は落語について。 ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ.
ブログを放置する前後から落語を聴きに行くことが増えて、
昨年は1カ月で最低2回、週に2~3度足を運ぶことも珍しくなかった。
落語の魅力はいくつかあるけれど、「自由さ」もそのひとつだと思っている。
落語には江戸から明治期に作られた「古典落語」と、それ以降に作られた「新作落語」がある。
古典落語はその歴史の古さから「誰がやっても同じ代わり映えがしない噺を聴いて何が面白いの」と指摘する人がいるのも事実だ。
でも、噺の大筋は同じでも、噺家一人ひとりによって解釈が違うため違うんだよね、これが。
例えば長屋のおかみさん。この人の性格がのんびり屋なのか、サザエさんのようなあわて者なのかで、当然、口調も変わるし、仕草も変わってくる。
それは演者である噺家の自由裁量のうちなんだよね。
よく噺家は映画の監督でもあり、演出家であり、役者でもあるというのもそのあたりなのだ。
一方、聴くほうの自由はというと、これは簡単。
最近のテレビのバラエティ番組は「ここで笑うポイントだよ」と笑いの効果音が入るが、
落語にはそんな演出はない。
もちろん落語にも笑いどころや泣きどころはあるが、
自分が笑いたいところで笑えばいいし、面白くなければ笑わなければいい。
生で落語を聴いたことがない人を連れて行き、終了後感想を聞くと、
「こんなに笑ったのは久しぶり」という人が実に多い。
それは第三者の恣意的な手段ではなく、
あくまでも自分の感情のまま自由に笑ったり、泣いたりできることと無縁ではないと思う。



で、本日紹介するのは柳家喬太郎師匠の「歌う井戸の茶碗」。
この噺は「井戸の茶碗」という古典落語をミュージカル風にアレンジしたもの。

2012年2月10日 (金)

恐るべし!! 石神井酒場ネットワーク 「酒菜 須みず」@石神井公園

石神井公園に引越ししてから早十年。
ここまで長く住んでいると、
知り合いが増える。
その多くが飲み屋のマスターや
隣り合わせたお客さんというのが小生らしい。(^^ゞ
まっ、いわゆる夜の交遊関係なのだが、
こういう方々に真昼間に会うと妙に
お互いテレてしまうのはどうしてなんだろう。
昨年、仕事帰りにスーツ姿で行った飲み屋で
「一体どうしたの?」と
動物園のパンダを見るように驚かれたりもした。

たまたま知り合いの女性同業者と歩いていると、
「彼女?」などとメールが届いたりする。
一体どこから見ているんじゃ。(・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ
この街の酒場ネットワークは侮れない。

酒菜 須みず」は、この街で一番長く通っている店だ。
小生の酒場ネットワークの基点ともいえるだろう。
P7181301
▲好物のマグロの漬け。漬け加減が絶妙だ。

かつては富士街道沿いにあって、
拙宅からも近かったのだが、
数年前に出世(?)して駅前の商店街に移転した。

豚バラを使った焼きトン
シメサバや漬けマグロ、赤魚の煮付け
岩のりと豆腐のサラダなど
当たり前にある食材をひと手間かけて出してくれる。
「どうだ旨いだろう。ウチはこだわっているかんな」
といった押し付けがましいところがないのも気に入っている。

無愛想に見えるマスターだけれど、
話しかければバカ話にも付き合ってくれるし、
興に乗ると料理の秘訣も教えてくれる。
ここで教えてもらったクリームチーズ味噌漬けは、
すっかり小生の定番になっている。
P7181306
▲クリームチーズの味噌漬けは我が家の定番に。

そんなマスターがついにTwitterをスタートしたという。
自他とも認める電脳嫌いのマスターがTwitterをどこまで活用できるのか、
そして何をつぶやくのか…。
石神井酒場ネットワークの皆さん、注目しましょう。

大きな地図で見る

よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへBanner2

2012年1月 1日 (日)

「東京になんか負けないぞ」と叫んだ日

夏ダカラ…、
なんてことを言っているうちに、
新年が明けてしまった。
秋以降、仕事がバタバタしていたのも確かなんだが、放置するにも程がある。(=_=)
これはそんな秋口の話。
だからちょっと時系列にズレがあるけれどご勘弁を。

新宿に落語を聴いた帰り道、野方に寄り道。
自転車移動はこれができるからいいね。
野方は上京して初めて住んだ街なので、お気に入りの街のひとつだ。
当時住んでいたのは四畳半一間。
もちろん風呂ナシ、トイレ共同で家賃1万7000円。
初めての一人暮らしに初めてのバイト。
初めて二日酔いしたのもこの街だったし、
「半ライスお代わり」という
言葉を覚えたのもこの街の定食屋だった。
田舎から出てきて、
「東京なんかに負けないぞ」といきがっていたけれど、
根拠も自信も全然なかった。
あ~、恥かしい。(^^ゞ
001
▲駅舎もすっかり垢ぬけた感じになっていた。

当時住んでいたアパートも駐車場に代わり、
街の様子も大分変ったけれど、
恥かしい思い出とともに、
やる気に溢れた自分を思い出させてくれる街でもある。
002
▲アパートの跡地は駐車場に。

元気が出たついでに、
評判のいい焼きトン屋「秋元屋」に突入。
夕方5時過ぎたばかりというのに、
店内は六分入り。
おじさん族に占拠されているのか思っていたら、
意外と若いグループや家族連れもいる。

003_2
▲秋口なので5時なのにこのくらい明るかった。
004
▲定番のキャベツ。オリジナル味噌がいい感じ。
006
▲水茄子の漬物。おろし生姜が付き。

自慢の焼きトンで
生ビールやホッピーをグイグイ…。
色気をふりまくお姉さんもいないし、
こじゃれたつまみが出るわけではないけれど、
活気が溢れていて、
この場にいるだけで元気になる感じだ。
005
▲ぷりぷりのレバは塩で。
007
▲多分、こいつはシロコロホルモン。脂が濃厚でホッピーにバッチリ。

自分を元気にしてくれる街や場所が
少しでもあれば、
もう少し東京で頑張っていけそうだ。
ってなわけで、今年もよろしくお願いします。_(._.)_

2011年9月 7日 (水)

立ち食いなのにジュレ

立ち食いそばというと、
天ぷら、コロッケ、ワカメ、ちくわ天あたりが定番だけれど、
最近はメニューが増えている。

以前、ここでも紹介したJR池袋駅構内にある
「爽亭」も頑張っている店のひとつ。
見た目は普通の立ち食いそば屋だが、
しっかり季節メニューを取り入れているあたりはタダものじゃないのだ。

001_3
▲枝豆が入るだけでかき揚げが夏になる。

いくつかの季節メニューの中でお気に入りは「枝豆天」(400円)
「冷やし梅ゼリーサラダ」(480円)。
前者はかき揚げに枝豆が入っただけなのだが、
枝豆が入ると、とたんに夏らしくなるから不思議だ。

後者は梅味の出汁を
ゼリー状に固めたものがトッピングされている。
最近、流行りのジュレを取り入れるあたりは
「お主、なかなかやるな」という感じだ。

しかしアイディアは良かったのだが、
最初のうちはジュレが固まり過ぎていて、
麺にからまず、麺のボソボソ感が際立ってしまっている
ような印象を受けた。個人的にはイマイチ。
002
▲少しだけ汁を加えてくれればいいと思う。

立ち食いそばは食べる側も短時間勝負。
もう少し緩めにするか、普通の冷やしメニューのように、
あらかじめ汁を少しかけたうえで
ジュレをトッピングしたうがいいかも。

それにしても立ち食いそばだって、こんなに頑張っているのだから、
街のそば屋が旧態依然のメニューを出していては
先行きが暗くなるばかり。
もっと頑張ってよ、街のおそば屋さん。

よろしければクリックお願いします。Banner2 人気blogランキングへ

2011年8月30日 (火)

夏ダカラ…(2)

夜になると虫の音が響くようになり、
秋の気配も漂ってきたが、
昼日中はやっぱり暑い!!!!

仕事が早く終った土曜日、
自転車で向かったのは「エン座長谷川」。
昔はランチ専門だったが、
土曜は夜9時まで営業してくれるので、
うどんを食べたいときは重宝する。

数は少ないが肴や日本酒も用意されているので、
軽く一杯飲んで、うどんでシメるにはピッタリだ。
001
▲日本酒と小鉢で軽く一杯。

この日はイカとトマトのマリネ(300円)とキンピラ(300円)を肴に
「いずみ橋 純米吟醸」(600円)で飲む。

神奈川県海老名市にある泉橋酒造の酒で、
海老名産の山田錦で使ったお酒なのだとか。
海老名で酒米を栽培しているのにビックリだ。

吟醸香は穏やかでほんのり香る程度。味はやや辛口ながら米の甘味も感じる。
特別にすごくはないが、飲んでいてほっとする味だ。
金平ごぼうの甘辛い味にも合い、思わずもう一杯。
002
▲素朴なキンピラごぼうのが日本酒に合う。
003
▲夏だから、シメはおろしうどん。

シメのうどんは夏だからおろしうどん。う~ん、満足。
そば屋酒もいいが、うどん屋酒も悪くない。

004
▲夏だから・・・、赤いひまわりも載せてみた。

大きな地図で見る
よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへBanner2

2011年8月15日 (月)

夏ダカラ・・・

連日の猛暑続きで水分の摂り過ぎで汗ダラダラ、お腹タポタポの喜樂屋です。
先週あたりは、
会う人会う人が別れ際には「熱中症、気をつけて」が合言葉のようになっていた。(^^ゞ

夏になると、食卓に上る回数が増えるのがゴーヤ。今年は節電対策で庭やベレンダのプランタで育てている人も多いとか。

ゴーヤを使った料理というとゴーヤチャンプルが有名だけど、酢の物も意外と好き。
胡瓜と若布の酢の物にゴーヤを足しただけなのだが、ゴーヤのほろ苦さが、胃をシャッキとしてくれる気がする。
Goya001
▲ゴーヤの苦味をある程度残したほうが小生の好み。
Goya002_3
▲夏の餃子も格別。
Goya003
▲これがゴーヤビール。

で、今夜はそれに餃子とビールで夕食。ビールは沖縄のヘリオスという会社の「ゴーヤドライ」。ご想像通りゴーヤを材料にした発泡酒。ゴーヤづくしに決めてみたのだ。

麦芽比率は25%未満。香りとコクは弱めだけれど、一口飲むと苦味は口全体に広がる。ホップの苦味とはまた違った苦味だけれど、どうせならもう少しゴーヤらしさを出してくれたほうが個性が引き立つと思うのだが、これは好みだからな。

夏場はホップがきいた苦いビールが好きなので、ちょっとハマりそうな予感。ただ値段が1本300円と普通のビールよりも高いのが玉にキズだ。

よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへBanner2

2011年7月 9日 (土)

すくすく成長中

暑い。
梅雨明け前だというのに、
この暑さには困ってしまう。
ただでさえわが大根畑エリアは、
都内でも温度が高いというのに、
今年は節電とやらで、この夏は一体どうなるのやら。
それにしても
年々、夏の暑さがこたえるようになっている。
7月生まれだといのに情けない。

002
▲毎日すくすく成長しています。

とはいえ、暑いとビールが旨いのでいいか。
ビールのおともといえば枝豆。
近所の畑の枝豆もすくすく成長中。
最近は散歩がてらに畑を覗くのが楽しみだ。
これでは孫の成長を見守るジジババじゃないか。
まだ結婚もしていないというのに…。(((((**自爆**)))))ドゴーン
003
▲「青豆のおぼろ豆腐」。この日は茗荷をたっぷりのせて塩で。

お約束の自虐ネタをかましたところで、
本日の肴は青豆のおぼろ豆腐。
これは大泉学園の小島屋豆腐店のもの。
こちらは豆腐の他、
卯の花やひじきなどの惣菜や
おからドーナッツも売っているのだが、
どれも美味くて外れがないのだ。
001
▲最近お気に入りの「エルキュール スタウト」。ベルギーでは珍しいスタウト。すごく香ばしい。


大きな地図で見る
よろしければクリックお願いします。 Banner2 人気blogランキングへ

2011年6月 7日 (火)

中年だって、オニオンリングフライが食べたいときもある

今年は降るときは降る。

晴れるときは晴れる、という誠に男らしい梅雨だ。

気温の変化は激しいけれど、

メリハリがきいていて、

個人的にはこういう梅雨のほう好きだ。

 

先日の雨の日。

無性にオニオンリングフライが食べたくなった。

メタボ街道を一直線の身なので、

普段、フライ物は避けているし、

オニオンリングフライなんぞ、

ここ数年、口にしたことがない。

それなのになぜ…。

自分でも不思議でしようがなかったのだが、

こうなるともうダメね。

発情期のオス猫がメス猫を求めるように、

いや違う。

砂漠の遭難者がオアシスを求めるように、

街をウロウロ…。

 

チェーン店系の居酒屋にはありそうだが、

生憎、この日は酒の気分でなかった。

ファミレスならあるだろうが、

残念ながらわが街にはファミレスがない。

洋食系定食屋はどうだろう、と店を覗いたが、

それらしいメニューがなかった。

 

諦めかけていたところ、

もしかしたらと思って立ち寄ったのが「モスバーガー」

いや、ありました。

モスに行ったのはいつ以来だろうか。

記憶を辿っても思い浮かばない。

少なくとも今世紀入って初めてだろう。

 

今世紀初めて食べた

オニオンリングフライとテリヤキバーガーは、

前世紀と同じ味がした。

これはこれですごいことだ。

そのうち、モスやマックが“伝統の味”“老舗の味”と

持て囃される時が来るのでは、と思ったりもした。

それにしても、

梅雨空の中、

モスでオニオンリングフライを

満足そうに食べている中年男って

世間の目にはどう映っているのだろうか・・・。


Onion001

▲久々に食べたオニオンリングフライとテリヤキバーガー。


よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへBanner2

2011年5月31日 (火)

初物食べて寿命を延ばした夜

先日、いつもの「竹政」で岩牡蠣を食べた。
もちろん今シーズン初。
身がこんもり盛り上がり、艶がありプリプリとした弾力があり、
思わず涎がタラリ…。
盛りの時期のような濃厚なクリーミーさはなかったけれど、
清々しい磯の香りがして、
これはこれで美味し。
Iwagaki004
▲大きな岩牡蠣。

飲んだ酒は「東力士 極一適雫酒」。
袋吊りで一滴一滴を丁寧に搾った純米吟醸。
やや酸味があり、香りも華やかで、
かなり美味い。
Iwagaki001
▲栃木のお酒です。雫酒っていいネーミングです。

酒が美味いと箸も進む。
で、もう一品、胡麻サバを注文。
ゴマサバというサバの種類ではなく、
サバの刺身を醤油、ミリン、すりゴマ等でヅケにした、
福岡県周辺の郷土料理なのだとか。
ゴマの香りがいいし、
ヅケにした身もしまって歯ごたえがいい。
刺身やシメサバとも違う味わい。
丼にしてもいいだろうし、
お茶漬けも良さそうだ。
今度マスターにわがまま言ってみよう。
Iwagaki003
▲サバの新しい食べ方も発見。

この日の通しは稚鮎の天ぷら。
これも今年初めて。
メインの岩牡蠣に合わせ初物づくし。
「初物七十五日」というけれど、
これで寿命が少し延びたかな。
Iwagaki002
▲稚鮎の天ぷら。ほろ苦さがいい。

大きな地図で見る
よろしければクリックお願いします。
Banner2

人気blogランキングへ

«さりげなく美味い 「手打ちそば いなくら」@上石神井

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ