フォト

他のアカウント

トップページ | 師走の夜はそば屋酒 »

2006年12月10日 (日)

山梨にジャッシー現る

飲み会などで地方出身者が集まると、
きまって話題に上るのが方言。
出身県別にひとつの言葉を出し合うと、
「ウチではこう言う」「オレのところはこうだ」と、いい話題になるものだ。

はっきりと方言とわかる言葉ならいいのだけれど、
標準語と思っていた言葉が方言だったりするととんだハジをかくことになる。

ブログスタートを記念して、.方言にまつわる
オイラの恥しい思い出話を紹介。

今を遡ること20年前。
山梨から上京したて私はジャージを買うために
デパートのスポーツ用品売場に行き、
近くにいた店員さんにこう尋ねた。

「ジャッシーはどこですか」

今はどうか知らないけれど、
当時、山梨では「ジャージ」のことを「ジャッシー」と呼んでいたのだ。
中学入学のときに用意する物のリストの中にも
学生服、制帽のほか「ジャッシー」としっかり書いてあったし、
街の洋品店には「○中学指定ジャッシーあります」といった

手書きのポスターが貼ってあったし、
学校の先生は、
「明日校庭の草むしりだからジャッシーを持ってくるように」と

自信満々に言うのだから、
標準語と勘違いするのも無理はない。

日本には色々の方言があるだろけれど、
ジャージという比較的に新しい外来語がなまるのは、
山梨だけかもね。

トップページ | 師走の夜はそば屋酒 »

「喜樂家の「恥」の歴史」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177968/4495972

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨にジャッシー現る:

トップページ | 師走の夜はそば屋酒 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ