フォト

他のアカウント

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月26日 (水)

無知ときくらげの日々

本日のランチは近所の中華料理屋で、
きくらげと玉子の炒めもの。
豚肉が入っているものの、主役はきくらげと玉子。

このきくらげってヤツは不思議なもので、
中華料理店やラーメン屋で、
野菜炒めやタンメンを注文したとき、
コイツが入っていると、
小生的にはたちまちポイントが高くなる。
あのぬるっとした舌触りと
コリコリとした食感が好きなのだ。(・~・)゛ モグモグ

実はきくらげには苦い思い出がある。
初遭遇したのは、
上京したての頃に
いつも足を運んでいたラーメン屋。
貧乏学生だったので、
そこで注文したのはラーメン、野菜炒め定食、
ニラレバ炒め定食の3品。
バイト代が入ったとき、頑張ってしょうが焼き定食だから、
我ながら情けない。(^^ゞ

そこの野菜炒めにキクラゲが入っていたのだが、
当時、きくらげの存在自体知らなかったので、
長い間、キャベツの焦げたヤツと勘違いしていた。ρ(。。)イジイジ

自分で野菜炒めをするとき、
キャベツをどう焦がしても、
きくらげの食感にならず、
「さすがプロは違う。
きっと秘伝の焦がし方があるに違いない」

早合点したのが運のつき。
ある日、意を決してそこのオヤジに
「これってキャベツをどう焦がすとこうなるの」
尋ねてしまったからもう大変。
本当に無知というのは怖い。

一瞬の沈黙の後に
店内は周りにいたお客を巻き込んで大爆笑。
(((((**自爆**)))))ドゴーン

でも、その後、小生の無知さ加減に同情してか、
野菜炒めを注文すると、
きくらげを多めに入れてくれるようになったのだから、
恥をかいたかいがあったのかも。(^^ゞ
Photo
よろしければクリックお願いします。
Banner2_2

人気blogランキングへ

2007年9月16日 (日)

40代独身男の頭の中は・・・

噂の「脳内メーカー」をやってみた。

コイツは名前を入力するだけで、
「脳内図」を作成してくれるというジョーク系診断モノ。
名前は自分はもちろん、
友人、知人、著名人なんでも構わない。

まずはここでのHNの「喜樂屋悠々」で診断してみると、
見事に「秘密」だらけ。
これは喜樂屋悠々としての人格が未発達っていうことなのかも。(^^ゞ

B5a4dcdbb2b0cdaaa1b9_2

で、次は仕事上で使用しているぺンネームでやってみる。
これまたすごい。
「愛」を包むように「嘘」が回りを囲んでいる。
これって、「嘘で塗り固めた愛」ってこと?
まるでホストみたいじゃん。
職業の選択を誤ったか。(≧∇≦)ノ彡 バンバン

Bebecceeb9a7bbca_2

最後は本名。
さすが40年以上につきあっているだけあって、こちらの脳の中身は少々複雑だった。

Bebecceeb9a7_4

とはいえ頭の中は、ほぼ9割が、
「食欲」「性欲」「欲」で占められている。
こち亀の両さん並じゃん。

その欲望を隠さないのが両さんの魅力でもあるのだが、

小生はそれがバレるのが怖くて必死になって隠そうとしている。

それが回りの「秘」に表れている(ような気がする)。
我ながら人間が小さい。ρ(。。)イジイジ
これって「むっつりスケベ」で「偽善者」ってことじゃん。
これでは結婚できないわけだ。(((((**自爆**)))))ドゴーン

よろしければクリックお願いします。
人気blogランキングへBanner2_3

2007年9月11日 (火)

40男、エディプルフラワー(?)を食す

エディプルフラワーなるものが、一部で流行っているらしい。

エディプルフラワーとは食用に特別 に栽培された食用花のこと。
ビタミンやミネラルが豊富で、美容や健康にいいらしい。

例えばコスモスやパンジーはビタミンAが、鳳仙花はビタミンC、
バラやカーネーションは植物繊維が豊富なんだとか。

やっぱりこうしたものは丸の内のOLやプチセレブのマダムが、
代官山あたりの小粋なレストランで食べてこそ似合う。
四十面の独身男が貧乏所帯で食べても絵にならない。
でも、食べてみたい。
うまくすれば、
丸の内OLや代官山のマダムとお近づきなれるかも。( ̄ー ̄)ニヤリ

そんなおバカな妄想はともかく、
いきなり代官山のレストランに食べに行く度胸もないので、
わが家で予行練習。

主役のエディプルフラワーは、
いつもの野菜無人売場で見つけた花オクラ。
一般的なオクラとは種類が違うらしいが、
オクラ同様刻むと粘り気が出るというから、
ネバネバ好きの四十男のエディプルフラワー
デビューにはうってつけ。
01

▲鮮やかな黄色の花。これが食べられるとは・・・。

おひたしやサラダにして食べると美味いらしいので、
さっそくチャレンジ。

おひたしといっても
湯がいたりしないで、
花びらを千切りにするだけ。
手間がかからないのも四十男向きだ。

刻んでいると、
緑のオクラほどではないが
粘り気が出てきたので、
器に盛り鰹節をパラリ、しょう油をタラリ。
繊維質があるのか歯ざわりはシャキシャキしているのに、
粘りもあり、不思議な食感。
02

▲花びらを刻んでしばらくすると粘りがでる。

味はかすかな甘みと苦味を感じる程度で、
期待したほどのインパクトはなかった。(^^ゞ

そこで
冷奴の薬味にしてみると、これが悪くない。
花オクラのかすかな苦味がアクセントになり、
豆腐の甘みが引き立つって感じかな。

さらにネバネバ食品の王者納豆にネギの代わりで入れてみると、
時々シャッキとした食感を感じるものの、
納豆の強烈な味と粘りに紛れてしまい、
「花オクラ、どこ行ったんじゃ~」って感じ。

エディプルフラワーデビューしたものの、
こんなんで丸の内OLや代官山のマダムとお近づきなれるのかな。(-_-;)?

03

▲茗荷と一緒に薬味にしてみた。

よろしければクリックお願いします。人気blogランキングへ Banner2

2007年9月 7日 (金)

落ち込んだときのバイブルは

急に涼しくなったせいか体調を崩すは、
気がかりのことがあって、
気持ちが乗らないは、
ヴァンフォーレ甲府は自動降格圏内だは、
と心身ともイマイチの日々。

いかん、このままたそがれてしまったら、
目の前にあるかもしれない幸福まで逃げてしまう。
ただでさえチャンスが少なくなっているのに、
落ち込んでいるヒマなんかないじゃん。(((((**自爆**)))))ドゴーン

ってなわけで、
40代のロートルの身体に
無知じゃなくて無恥、
これも違う。
ムチを入れてなんとか復活。^(ノ゜ー゜)ノ☆パチパチ

小生が落ち込んだときよく読むのが、
1)ショージ君の青春記(東海林さだお)
2)プレイボール(ちばあきお)
3)じゃりン子チエ(はるき悦巳)
4)バイトくん(いしいひさいち)
の4作品。

ヤル気が空回りしてヂクショーと地団駄を踏む
ショージ君にエールを送り、

どんな強敵にも怯まない谷口タカオに勇気づけられ、

「ウチに日本一の不幸な少女や」とボヤキつつも、
元気満杯のチエちゃんに励まされ、

バイトくんたちの自堕落な生活に癒されている次第。
みなさんはそんな愛読書はありますか?

Shogis60

←青春物で一番感動したのが何を隠そうこれ。

よろしければクリックお願いします。人気blogランキングへ
Banner2

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ