フォト

他のアカウント

« 無知ときくらげの日々 | トップページ | 朝食のような夕食 »

2007年10月 4日 (木)

風邪と妄想の日々

先週土曜日から風邪。
天気予報で15度以上気温が下がると言ってたので、
前夜寝るときも毛布を1枚を足し、
当日も服を長袖にして、
念のためジャケットを持って出掛けたのにもかかわらず、
ものの見事に夜から咳コンコン、
鼻水ズルリ。

自分が考えているより、
体力が衰えていたのが、悔しいやら情けないやら。
スポーツ選手が引退を考えるときって、
こんなときなのか。

翌日の日曜日の夜には、
熱も39.4度。
久しぶりの39度オーバー。
この頃になると、
咳をするたび肺に響くし、
鼻水も止まらず、
鼻は赤鼻のトナカイさん状態に。

朦朧した意識なのか、
「老後」なんて文字が頭に浮かびあがる。
今はまだいいけれど、
10年後、20年後、
こんな熱が出たら、ひとりでトイレに行けるのか、と自問自答してみる。
答えは「否」。

次いで「垂れ流し」という言葉が頭に浮かぶ。
四畳半一間のボロアパートで、
糞尿にまみれてのた打ち回るオレ。

これはいくらなんでもまずい、まずい、まずい。
百歩譲ってボロアパートに住んでいてもいい、
千歩譲って独身だっていい、
でも糞尿まみれはイヤじゃ。

熱も下がった本日、
薬局に行き密かに大人用おむつを買うべきか、
真剣に悩んでいる40代独身男ってどうなのよ。(^^ゞ

よろしければクリックお願いします。
Banner2

人気blogランキングへ

« 無知ときくらげの日々 | トップページ | 朝食のような夕食 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

…………。
やっぱり最後はグループホーム、でしょうか(って、違)。

大変でしたね。
39度を越えるともうだめです。
フラフラで朦朧としてしまいます。
普段、それほど熱が出ること無いけど
インフルエンザにやられたときには39度越えで
節々が痛んでまいりました。
またブリ返さないように気をつけて。

こんな状態とは。ホントお大事に。紙おむつは、去年のノロのときに用意しました。いやはや。

同じ冷え込んだ日、僕はTシャツ、短パン、タオルケットでしたが、風邪引いてないってことはやっぱ、○○は風邪引かないって証明ですね。

大人になっての39度の熱は辛いですよね
お疲れも溜まっていたんではないでしょうか
私は暑さより寒さが苦手だし、特にこの温度差が
激しい時期は体調管理が大変です
普通は日焼け防止の為のスカーフや長い手袋を
私はスーパーに入ってから、冷え防止の為に
使っています

大変でしたね。

確かに体調崩した時って弱気になりますけど・・・
凄まじい飛躍に思わず笑っちゃいました。

ゴダイゴのミッキー吉野(知らないとは言わせない)が55歳で36歳の女性と再々婚されたとか!

まだまだ行けますぜ~。

>律さん
最近はグループホームも安心できないような事件があるからなぁ~。

>平成の不細工師さん
ブリ返してはないんだけど、すっきりしないんだよね。困ったもんです。(^^ゞ

>AWANさん
将来お互いオムツして地元の町でバッタリなてんことがおきたりして。(^^ゞ

>ぐっちゃんさん
久々の39度オーバーだったので、かなりこたえました。

>ミニマムさん
もろちんゴダイゴはCDではなくレコードで持っていました。(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177968/8242881

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪と妄想の日々:

« 無知ときくらげの日々 | トップページ | 朝食のような夕食 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ