フォト

他のアカウント

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月24日 (土)

初鍋は湯豆腐

11月も中旬を過ぎると、さすがに寒い。
こうなるとやはり恋しくなるのは鍋。

となると、湯豆腐の出番。
別に水炊きや寄せ鍋でもいいんだけど、
豪華な鍋をやっても、
どうせ40代男のひとり暮らし。
食べているうちにむなしくなるし、
食べきれず残すのが関の山だ。ρ(。。)イジイジ

だからこそ主役となる豆腐だけはちゃんとしたものを使いたい。
ここ数年、湯豆腐の豆腐は
大泉学園の小島豆腐店のおぼろ豆腐に決めている。
普通の豆腐の1.5丁分ぐらいあって220円。
ボリュームも値段もひとり暮らしにはちょうどいい。

もちろん味も気に入っている。
おぼろ豆腐だけに大豆の香りと旨みが残り、
温められるとそれが一層引き立つ。

豆腐の他の具は長ネギ、油揚げ。
そして鍋が煮え立つ少し前に大根おろしをたっぷりかけまわし、
いわゆるみぞれ鍋風にやる。

大根おろしの甘みが出るし、
消化にもいい。
このあたりが40代独身男の
哀しい生活の知恵といったところか。

ポン酢に薬味はおろし生姜が定番だけど、
柚子胡椒、ニンニク味噌、韓国のヤンニンも◎。(・~・)゛ モグモグ

クリスマスまで1ケ月という時期に、
ひとりで鍋をつついていていいのだろうか。
他にやることはないのか俺!? (((((**自爆**)))))ドゴーン
Photo
よろしければクリックお願いします。
Banner2


人気blogランキングへ

2007年11月11日 (日)

アメ横でぼうずがこんにゃくを買った!?

本日、仕事帰りに上野で途中下車してアメ横へ。
別に目的があったわけではなく、
アメ横のように活気がある街を歩いていると、
こっちも元気なるのでときどき足が向く。

活気がある街といっても渋谷や新宿だと、
逆に疲れてしまうから不思議だ。

地に足がついた商売をしている
人たちのパワーが元気付けてくれるのだと思う。

アメ横といえば魚介類なのだが、
40代独身のひとり暮らしの身には、
アメ横のスケールは持て余す。
太刀魚、美味そうだったよ。
値段も1000円ならスーパーで買うより安いよ。
でもさ、一匹丸ごとの太刀魚5匹なんて、
どうすればいいのよ。┐( -"-)┌ ヤレヤレ
Photo

で、結局、御徒町の吉池に行く。
ここは魚介類が充実しているのでお気に入り。
本日は購入したのは、
宮城県産の「生のり」と北海道産の「さくらますの開き」
そして長崎産の「ぼうずこんにゃく」の3品。
値段は1200円。

「生のり」はご飯のおかずや味噌汁の具に、
「さくらますの開き」はスモークにするつもり。
うまくスモークできたら、後日ここでご報告するので、
それまでしばしご猶予を。(^^)

で、本日のお題は「ぼうずこんにゃく」。
名前だけで即買を決めたのだが、
目にするのも耳にするのも初めて。

家に戻ってから調べてみると、
スズキ目イボダイ亜目エボシダイ科
ボウズコンニャク属する正真正銘の魚で、
水揚げが少ないことから市場では稀にしか取引されない幻の魚なのだとか。

で、本日購入したのはその干物。
値段は3枚で400円だった。幻の魚のわりには安い。

夕食に焼いて食べてみると、こいつがなかなか。
身が厚くて噛み応えあって、
程よく脂が乗っているので、噛むたびにじんわり旨みが広がり、
しみじみと美味い。(・~・)゛ モグモグ

晩秋のこの季節、
ぬる燗でちびちびやりながらやるにはピッタリって感じなのだ。

おかげで今日はちょっと幸せな気分な
40代独身男でした。(^^ゞ
Photo_2
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキングへ Banner2

2007年11月 4日 (日)

押しかけ女房と秋の空

最近、拙宅に珍客がやってくる。
大家の猫だ。

これまでも時々やってきたのだが、
先日たまたまあげたトリのササミが気に入ったのか、
最近では連日のように押しかけてくる。

ちなみにメスなので、
人間なら押しかけ女房といったところだ。

ところがこの押しかけ女房。
料理や家事などは一切やらず、
部屋に上がるなり、
「何か食わせろ」とばかりに冷蔵庫の前でツメを研ぎ、

煮干ぐらいではそっぽを向き、
ササミをやるとムシャムシャ。

満足すると、
一番日当りのいい場所に行って、グースカグースカ。
しかもコイツはグーグーとイビキまでかく。

図々しいヤツと思いつつも、
外出して戻ってくると、アパートの前で待ち構えて、
甘えたようにすり寄ってくる様子がかわいくて、
ついつい部屋に上げてしまうのだが、

エサを食べると、
いつもの場所でごろ寝。

小生がかまってやろうとすると、
さも面倒臭そうに相手をする。

まるで「食事をおごってくれたから、ちょっと付き合ってやるか」と
バブル時のタカビーな女子大生みたいなヤツなのだ。

昔、「猫と男は餌付けしたもんが勝ち」と言った女性がいたが、
この大家の猫の態度をみていると、
「猫と男は餌付けしたもんが負け」と思う今日この頃なのだ。

ところで、この台詞って「男」を「女」に代えても、
成立するのだろうか。
Neko01
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキングへ Banner2

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ