フォト

他のアカウント

« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年4月

2008年4月24日 (木)

ハマリの連鎖はどこまで続くのか…

三浦和義元社長がサイパンで拘束されている。
逮捕された当初はマスコミもそうとう騒いでいたけど、
最近ではほとんど報道されていない。
ネタとして旬を過ぎると、全然報道しなくなるってのは、
日本のマスコミの悪いクセだね。

三浦元社長逮捕のニュースを聞いて、
懐かしいと思いつつ、ついつい手を取ってしまったのが
手塚治虫の「アドルフに告ぐ」。

ちょうど週刊文春が、三浦元社長の「疑惑の銃弾」の
キャンペーンをやっていた頃に、
文春で連載されていた作品で、
手塚作品の中でも好きな作品のひとつ。

これまで何度も読み返しているのだけれど、
今度もまたハマってしまった。

今回は特に重症。
この作品は“ヒットラーは実はユダヤ人だった”
という説をからませて、
アドルフと呼ばれた3人の男たちの生涯を
ミステリー仕立てに描いたもの。

読了後、パレスチナ問題について無知だったことを改めて知り、
「そうだったのか!現代史」(池上彰)を購入。

この本はパレスチナ問題、湾岸戦争、東西冷戦、キューバ危機など
現代史の基礎知識を、NHKの記者だった
池上氏がわかりやすく解説してくれている。
何度も「そうだったのか!」と思いつつ読了。

これと同時に、“ヒットラーは実はユダヤ人だった”
というプロットは、“徳川家康が実は非人の出である”
というプロットつながりで「カムイ伝」(白土三平)に手が伸びる。

さらに家康つながりで、隆慶一郎の「影武者徳川家康」と
「捨て童子 松平忠輝」を連読。

そして今は「そうだったのか!」の最後の章だった
旧ユーゴ紛争つながりで、
坂口尚の「石の花」にたどり着いている。

「石の花」が終着駅になるのか、それともまだ続くのか…。
ハマリの連鎖は恐ろしい。o(><)o”くう~!
___2 __3






よろしければクリックお願いします。
Banner2

人気blogランキングへ

2008年4月19日 (土)

塩辛は奥が深い

本日は酒の肴の王道、イカの塩辛。
20代の頃、仕事で日本中をウロウロしたときに、
お土産として決まって買ってたのが塩辛。
食べ比べると地方によって、本当に味が違う。
個人的な印象でいうと、
南に行くほど塩気が強くなるような気がする。

一番好きだったのが、新潟の舟仕込とかいう二合ビンぐらいに入ったヤツ。
いやな臭みもなく、ほんのり甘くて、噛み応えもあって、
イカの旨みがギュギュッと凝縮された感じ。
今もあるのかな。

その味を再現したくて、塩辛を自作するようになったのだけれど、
最初はもう食えたもんじゃない。
第一まともにサバけなかったんだから当たり前だ。(^^ゞ

なんとか塩辛状に切ったまでは良かったけれど、
ここから先がよく分からない。
当時はネットなんかなかったし、料理本も持っていなかった。

塩と酒を適当にまぶして空き瓶に入れて、
冷蔵庫に入れておけば、自然と出来上がるだろう、ぐらいの知識しかなかったのだから、
今思えばなんと無茶な話だ。

その後、居酒屋のマスターに聞いて、
身とワタを塩につけて一晩ぐらい冷蔵庫に置いてから、
酒と味醂と一緒に漬け込むということを教えてもらい、
ようやくまともに作れるようになった。
最近では隠し味に味噌を入れたりしている。

酒の肴にもいいし、ご飯のおかずにもバッチリ。
納豆と一緒に和えてスパゲティの具にしてもいい。
市販のキムチと混ぜるとキムチにコクが出る。
これを細かく刻んで冷奴に乗せるのも旨し。
01

よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへBanner2_3


※試しに調べてみたらまだ売っているようだ。

舟上仕込みいかの塩辛  舟上仕込みいかの塩辛

販売元:仲見世うまいもん店
楽天市場で詳細を確認する

« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ