フォト

他のアカウント

« 春の天ぷらは、男の敵? | トップページ | 菖蒲湯に浸かりながら四畳半フォークにどっぷり »

2009年4月18日 (土)

新宿・しょんべん横丁で「ソイ丼」を食らう!

新宿の西口にある「思い出横丁」。
戦後の「闇市」に起源を持つ
この飲食店街は、
昭和の匂いが漂うなんてもんじゃない、
完全に染み付いた空間だ。

かつては「しょんべん横丁」と
揶揄されていたが、
近年はその原因でもあった
共同トイレも改装され、
昔に比べて大分マシになった。

とはいえ、狭い路地には
やきとりやモツ煮の匂いが漂い、
真昼間から酒を飲んでいる人さえいる。

多分、アンケートを取ったら、
「女子高生に似合わない街」の
上位にくるのは間違いないだろう。

そんなディープな横丁の
ちょうど真ん中に「つるかめ食堂」
という定食屋がある。

とんかつ定食、さば定食、野菜炒め定食とか
ごく普通のメニューもあるのだが、
小生がよく注文するのがソイ丼(500円)。

ソイとはソイビンーズのソイで、
大豆と挽肉と豆腐をカレー味で
炒め煮したものがご飯に載ってる丼だ。
見た目はキーマカレーのようだが、
全くの別物。

正直いうと特別「美味い」わけではない。
だからといって、
「不味い」かというと、
不味くはないから困ってしまう。

例えば挽肉をセイタンなどの代用肉に代えて、
おしゃれなランチプレートに
サラダなどと一緒に盛り付け、
ご飯も五穀米にし、
青山あたりのマクロビオティックの店で
ランチとして出てきたら、
「十分アリ」の代物だ。
値段だって1000円ぐらい
取れるかもしれない。

そうすればおしゃれな女性との
出会いも期待できるだろう。

でも、悲しいかなここはしょんべん横丁。
そんな願いが叶うわけもなく、
もくもくとと食べた後は、
500円玉をカウンターに置き、
「ごっそさん」と1人寂しく帰ることになるのだ。
Photo

よろしければクリックお願いします。

Banner2_2

人気blogランキングへ

« 春の天ぷらは、男の敵? | トップページ | 菖蒲湯に浸かりながら四畳半フォークにどっぷり »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

出没エリア」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

庶民が愛するB級グルメも
オシャレに青山・表参道なんかで出したら値段は
2倍ですね☆彡

(^3^)/

ソイ丼というのですか。
これもなかなか美味しそうですね。
500円なら新宿行った時に
必ず食べてみたい一品ですね。(*^-^)

>よだれ屋さん
場所代もあるんでしょうが、あのあたりはちょっと高すぎと思うことが多々あります。

>かっちゃんさん
あのあたりの定食屋さんには、「鯨カツ」など懐かしいメニューもありますよ。

ソイって魚の名前かと思いました。
僕の好みで言うと“好き♡”です。
気楽にいける場所であるように思います。

>平成の不細工師さん
一歩足を踏み入れれば気楽なんだけど、結構勇気がいる場所なのだ。(^-^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177968/29174809

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿・しょんべん横丁で「ソイ丼」を食らう!:

« 春の天ぷらは、男の敵? | トップページ | 菖蒲湯に浸かりながら四畳半フォークにどっぷり »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ