フォト

他のアカウント

« バターライスは貧乏飯の王道なのだ!! | トップページ | まだまだ老けてはいられない!! »

2009年5月21日 (木)

ああ、我が青春の魚肉ソーセージ

「気樂屋のおきらく貧乏飯」の第2弾は、
魚肉ソーセージを使った、安くて健康にもいいメニュー。
題して「かりかりソーセージのポパイ丼」。

最近でこそ健康にいいと魚肉ソーセージが見直されているが、
ほんの少し前まで、食材の中でもB級品扱い。
フランクフルトや粗挽きウインナが当たり前になり、
赤ウインナでさえ、余りお目にかかれなくなった現在では、
それも致し方ないだろう。

小生の場合、小学校の高学年頃から、
おやつ代わりにこいつを食べていた。

そのまま生で食べたり、
丸ごと1本をフライパンで転がすように焼いて、
最後にしょう油で味付け、
箸に差してフラクフルトのように食べたりしたものだ。

さて、そんな魚肉ソーセージだって、
ひと手間かければ立派なメニューになる。

(1)魚肉ソーセージを適当な大きさに斜め切りする。
(2)フライパンにバターをしく。
(3)魚肉ソーセージを並べ、表面に焼き目がつくまで焼く。
(4)次に裏面を焼く。このときあらかじめ茹でておいたほうれん草を投入。
(5)ほうれん草のソテーの要領で塩・胡椒を少々。
(6)最後にしょう油を少々かけ回す。
(7)ご飯の上に盛り付け、フライパンに残ったタレをかける。
(8)温泉たまごを添えて完成。

あらかじめほうれん草を茹で、温泉たまごを作っておけば、
ほんの5分もあればできる。
朝食にしてもいいし、弁当のオカズにもなる。

ところでこの温泉たまご。
料理として目の前に出てくると、
生たまごやゆでたまごにはない
贅沢な気分にしてくれるので、
貧乏飯にはとっても便利な一品だ。

作り方が難しいというのが難点だが、
小生はコーヒーメーカーで作っている。

サーバーに生玉子を入れて、
コーヒーメーカーに水を入れてスイッチオン。
あとは放っておくだけ。
小生の使っているコーヒーメーカーだと、
だいたい15分ぐらいで、
写真のような立派な温泉たまごが完成する。

作る個数や
コーヒーメーカーの温度で、
時間は異なるが(以前使っていたヤツは20分くらいだった)、
一度成功すれば次からは絶対に失敗しないので、
ぜひお試しあれ。
Photo

人気blogランキングへBanner2

« バターライスは貧乏飯の王道なのだ!! | トップページ | まだまだ老けてはいられない!! »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

気樂屋のおきらく貧乏飯」カテゴリの記事

コメント

食材もお手軽なのにめちゃくちゃ
美味しそうじゃないですか!!!
黄身のとろみ加減が抜群にいいですね(~_~)

ほうれん草の茎の赤い所を使っているのがいいですね! 魚肉ソーセージは最近見直されているようですが子供の頃にはよく食べた物です
コーヒーメーカーを使って温泉卵を作るなんて
発想がすごい!!
温泉卵大好き人間にとって朗報です
早速試してみます

>ぐっちゃんさん
多分1人前50円以下でできると思う。まさに貧乏飯でしょう。(o^-^o)

>あかねさん
温泉卵をコーヒーメーカーで作るというのは、テレビでやったのを真似しただけ。手軽だし、失敗しないから便利ですよ。(^^)

魚肉ソーセージは最高に美味しい食材だと思います!!
子供の頃から大好きで
お店の賄いでもよく登場しますよ♪
開発した人は天才です☆ミ
(^з^)-☆

>よだれ屋さん
同じ魚を材料にしているけれど、カマボコやハンペンとも違って、どこまでもB級のスタンスをとっているのもいいですね。

ソーセージとほうれん草のソテーは懐かしい感じがしますね。

今回は、やはり、珈琲メーカーで温泉玉子……
これはアイデアですねえ。
早速やってみま……
あ、うちには珈琲メーカーがないんだっけ……weep

>AWANさん
紙パックでない、カップメンのカップで作る方法もありますよ。これだと生たまごをカップに入れ、熱湯を注いで上からフタして30~40分ぐらいだったかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177968/29724502

この記事へのトラックバック一覧です: ああ、我が青春の魚肉ソーセージ:

« バターライスは貧乏飯の王道なのだ!! | トップページ | まだまだ老けてはいられない!! »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ