フォト

他のアカウント

« 40代独身男でも、挑まれたら戦うのだ | トップページ | 40男がゆく夏を惜しんで、谷中生姜をガリガリ »

2009年9月 3日 (木)

残暑の中、うどんをがっつり喰らう

うどんをがっつり食べたくなったので
大泉学園の「大助うどん」に自転車でギコギコ。

大泉学園といっても、新座に限りなく近く
駅から歩いて行こうと思うと骨だ。

行くなら片山小学校行きのバスに乗って
大泉第三小学校で下車するのがいい。

外観は田舎の民家のようで、
ゴツゴツとした木材を生かしたテーブルが
並んでいる様子は飯場の食堂のようだ。
おしゃれな要素は一切なく、
食い気一直線という雰囲気がかえって潔い。

この日は名物の肉もりうどん(850円)を注文。
うどんは太めで、やや茶色がかった感じで量も多い。
讃岐うどんのようなコシでなく、
めん全体が硬く、つるつると食べるというより、
ガシガシと噛みしめて食べるタイプだ。
その分だけ小麦の味わいが強く感じられるんだけど、
讃岐うどん派には、
そのあたりが不満のようだ。
Daisuke001

つけ汁はカツオ出汁に濃い目の醤油味で
武蔵野のうどんの定番の豚肉とネギ、
ほうれん草などの青菜が入る。

この日は豚肉の脂の甘みがなく、
ちょっと醤油の味が勝ち過ぎて、
全体的に平坦な印象を受けた。

客もほとんどがガテン系で、
初デートで連れて行ったら即フラれそうな店だが、
うどんも店も素朴で飾り気なく、
嫌いじゃないんだよね。
Daisuke002

よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへBanner2

« 40代独身男でも、挑まれたら戦うのだ | トップページ | 40男がゆく夏を惜しんで、谷中生姜をガリガリ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

出没エリア」カテゴリの記事

コメント

武蔵野うどんうまいっすよね~

おいらはよく小平方面で食べてます!

今度この店行ってみようと思います!

よく食べに行く肉汁うどん 
漬け汁に肉の脂の甘みがなんともいえない旨味ですね
東村山の小島屋はいつ行っても同じ味です
しゃれた店構えには程遠い所もにているような気がします

>たいぞ~~さん
こんにちは。
また足を運んでいただきありがとうございます。(._.)アリガト
お昼どきは込むので、少し時間をズラしたほうがいいですよ。

>あかねさん
一度あかねさんのブログでそのお店を拝見し、一度行ってみたいと思っています。

自分は讃岐派ですが小麦粉感を味あう食べ方は好きですよ!!
美味しい、うどん屋はなかなか東京には無いのが寂しいなぁ〜
やはり水の違いですね☆
北と南の硬水、軟水の水の違いでかなり料理の味が変わりますからね!!

>よだれ屋さん
塩分濃度の違いもあるそうですよ。材料は同じなのに不思議ですよね。(^^)v

30代の頃はパスタとか洋食系が多かったんですけど
ここ2年くらい前からは、どうしても和食系の
(お蕎麦屋さん・豆腐料理など)
お店に行く事が多くなっちゃいました(笑)
甘い物も喫茶店でパフェより、甘味処でみつまめとかね
東京でも友達にうどん屋さんに連れて行ってもらいました♪
「冷やしきつねうどん」を食べたんですけど
手打ちで美味しかったです(~_~)
渋谷の芸能人もよく来るお店らしいです!!!

>ぐっちゃんさん
それでは、今度こちらに来たときは、お蕎麦屋さんでもご案内しますね。(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177968/31219692

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑の中、うどんをがっつり喰らう:

« 40代独身男でも、挑まれたら戦うのだ | トップページ | 40男がゆく夏を惜しんで、谷中生姜をガリガリ »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ