フォト

他のアカウント

« 秋の休日は蕎麦屋酒@大泉学園・むら季 | トップページ | 食わず嫌いでごめんなさい <(_ _)> »

2009年10月14日 (水)

秋の味覚の合わせ技―生秋サケの和風キノコソースかけ

秋になると作るのが、生秋鮭の和風キノコソースがけ。
といっても、作り方は簡単。

1)生秋鮭の両面に塩・コショウをする。
2)それに小麦粉をまぶす。
3)フライパンを熱し、バターを入れて溶かし、鮭を焼く。
4)鮭が焼きあがったら、別皿に取る。
5)シメジ、エノキなどのキノコをソーテー。
6)水で薄めためんつゆを入れる。
7)沸騰したら水溶き片栗粉でトロミをつける。
8)キノコソースを鮭にかけて完成。

まっ、鮭のムニエルに
めんつゆを使ったキノコソースをかけただけの
簡単な代物だけれど、
ホカホカご飯のお共にはピッタリなのだ。
キノコソースの上に、
ダイコンおろしを添えると、
見た目もよりゴージャスになる。

昔は塩をふった秋鮭と
適当にカットしたキノコを
バターをぬったアルミホイルで包んで焼く、
いわゆるホイル焼き形式でやっていたのだが、
皮の部分がパリパリにならないので、
このやり方にしてみたら、
意外といい感じなので、最近は定番になっている。

キノコソースに味がつくので、
鮭の塩・コショウは少なめで。
Photo

よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへBanner2

« 秋の休日は蕎麦屋酒@大泉学園・むら季 | トップページ | 食わず嫌いでごめんなさい <(_ _)> »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

食欲を刺激するメニューです事!
鮭の切り身をスモークで一手間かけて
これも美味しいですよ

>あかねさん
生鮭のスモーク。その手がありましたね。これはやってみねば。
ご教授、ありがとうございます。<(_ _)>

美味しそう!!
鮭とキノコのコラボレーションは最高です☆彡
(^з^)-☆

鮭ときのこってまさに秋の味覚ですね♪

>よだれ屋さん
生サケやキノコも一年中出回ってたりしますが、やっぱりこの季節がいいっす。

>ぐっちゃんさん
何も松茸だけが秋のキノコじゃない。安くて美味いほうが勝ちです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177968/31784864

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の味覚の合わせ技―生秋サケの和風キノコソースかけ:

« 秋の休日は蕎麦屋酒@大泉学園・むら季 | トップページ | 食わず嫌いでごめんなさい <(_ _)> »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ