フォト

他のアカウント

« 食わず嫌いでごめんなさい <(_ _)> | トップページ | これぞ秋味―むかご+さつまいもご飯  »

2009年10月28日 (水)

男の一人鍋はシンプルがいい―白菜と豚肉のボタン鍋

今週で10月も終わり、来週は早くも11月。
時の流れはつくづく早い。

テレビを見ていると、鍋のCMが目立ち始めた。
食事のメニューに困ったら
鍋にするという主婦も多いようだが、
独身生活者にしても鍋は重宝する。
材料を切って土鍋にブチ混み、
グツグツと煮てしまえばいいし、
どんな具材でもそこそこ美味いからだ。

ここ数年定番になりつつあるのが、
白菜と豚肉のボタン鍋。
「ボタン鍋といったら豚ではなく猪だろ」という
ご指摘はごもっとも。

でも、このボタン鍋のボタンとは肉の種類ではなく、
その見栄えからのネーミングなのであしらかず。

用意する材料は豚肉と白菜とコンソメスープの素。
豚肉はシャブシャブ用の薄切りか、
バラ肉の薄切りでもOK。

白菜をザク切りして土鍋に並べる。
このとき土鍋の縁に沿って
中心に向けて並べていく。
外側は白菜の芯の部分を置き、
中心部は葉の部分にするといい。
そうすると白菜の葉が
「牡丹の花びら」のようになる。
ボタン鍋の由来はこれだ。
Botan001
▲同心円上並べた白菜を「牡丹」に見たてた。

そして、白菜と白菜の間に
豚肉を挟むように入れれば準備OK。
コンソメスープの素をポンして、
水を入れて煮込む。
白菜から水分が結構出るので、
水は少なめのほうがいいみたい。

小生は白菜がクタ~っとしたほうが好みなので、
煮立ったらさらに弱火にして煮込む。
完成したら塩・胡椒を軽く振って、
ポン酢などお好みのつけダレで食す。

高校時代山岳部の友人がふるまってくれた、
キャベツの葉の間にベーコンを挟み
コンソメで煮込むという料理をアレンジしたものなんだが、
色々な材料を買い揃えなくてもいいうえ、
結構うまいので一人暮らしにはもってこいだ。

また翌朝、温めなおし塩・胡椒で味を整えると、
乙なスープになるところも気にいっている。

それにしても今年の冬も、
一人鍋を一体何度作ることになるのやら、トホホ…。(T_T)
Botan002

▲煮込むとこんな感じに。煮込む時間はお好みで。

よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへBanner2

« 食わず嫌いでごめんなさい <(_ _)> | トップページ | これぞ秋味―むかご+さつまいもご飯  »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「喜樂家の定番の酒の肴レシピ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヘルシーっすなあ。
最後の数行が切ないですhappy02

>AWANさん
一人鍋なんて、ステキな奥様がいるAWANさんには縁がないでしょうが、試してみてください。

イイですね〜
勉強になりました!
メニューに考えてみます♪
(^з^)-☆


白菜と豚肉の甘みが美味しいですね
これから寒くなると 鍋が一番!

>よだれ屋さん
もしメニューになったら、歴代の山岳部員たちも喜ぶと思います。(^^)v

>あかねさん
白菜って鍋にしてもあまり食べないけど、これなら大量消費が出来て便利なんです。

ク~ッ!
只、鍋に雑然と具財を入れるんじゃあなくて
このように綺麗に入れると本当に素材の旨みが想像できる!
これで1杯やったら良い心持になれるね♪

豚肉も白菜も大好物だから・・・・・

間違いない!!!!!

>平成の不細工師さん
お久しぶり。(^^)
なにせ手先が不器用なので、この程度に並べるのがやっとです。(^^ゞ

いよいよ鍋料理が恋しい季節になりましたね♪
寒いのは苦手なんですけど、料理とか人の優しさとか
体の中が温まるのを感じられるようになってからは
冬もいいかなって思うようになったかも!!!
猫団子にも癒されてます(~_~)

>ぐっちゃんさん
ぐっちゃんのところの猫軍団は癒し効果抜群だもん。(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177968/31978665

この記事へのトラックバック一覧です: 男の一人鍋はシンプルがいい―白菜と豚肉のボタン鍋:

« 食わず嫌いでごめんなさい <(_ _)> | トップページ | これぞ秋味―むかご+さつまいもご飯  »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ