フォト

他のアカウント

« 秋の味覚の合わせ技―生秋サケの和風キノコソースかけ | トップページ | 男の一人鍋はシンプルがいい―白菜と豚肉のボタン鍋 »

2009年10月21日 (水)

食わず嫌いでごめんなさい <(_ _)>

かつては仕事で日本中あっちこっちに行ったので、
その土地土地の名物をよく口にした。
元々、好き嫌いはほとんどなく、
なんでもパクパク食べるほうだが、
なかなか食べられなかったものがある。
それがサバのへしこ。

サバに塩を振ってぬか漬けにした
福井の郷土料理だ。
キュウリやナスのぬか漬けは好物だし、
サバだって塩焼き、味噌煮、
〆サバだってバッチコイだ。

でもね、でもね、
それが融合するのは許せないというか、
想定外というか、
味のイメージが全然つかめず、
数年前まで
食わず嫌いだったのだ。

ところが一度食べてみると、これが実に美味い!!!!
刺身とも、酢〆とも、
もちろん塩焼きや缶詰とも全然違う。
全く別物の旨味がする。
チーズを思わせる乳酸発酵した食品の独特の風味だ。

軽く焼いて酒の肴にしてもいい。
日本酒に合うのはもちろんだが、
意外とシングルモルトとの相性もいい。
Heshiko001
▲軽く炙ったへしこ。独特な香りがクセになる。

そして小生が一番好きなのはお茶漬け。
薄くスライスしたヤツを
ホカホカご飯に乗せ熱いお茶をかける。
のりとわさびがあると申し分ないけど、
それだけで十分美味い。

ちょっとクセがあるけど、
ハマったらもう他のお茶漬けが食べられない。

こんな美味いものを避けていたなんて、
本当にソンした気分だ。
何でも食わず嫌いはいかん!!!!

「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ」
という言葉もあるじゃないか。

40代の独身男だって、
まだまだ捨てたもんじゃないんだからさ、
そんなに避けなくもいいじゃない。(((((**自爆**)))))ドゴーン

Heshiko002
▲生のままお茶漬け。〆にはたまならい。

よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへ
Banner2

« 秋の味覚の合わせ技―生秋サケの和風キノコソースかけ | トップページ | 男の一人鍋はシンプルがいい―白菜と豚肉のボタン鍋 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

へしこは大好物です

でもフナ鮨だけは何回チャレンジしても駄目でした!

食わず嫌いと言われると確かに!
読んでいて思い出していたのはクサヤ
独特のにおいが嫌われる食品ですが
あの匂いがたまらない
透き通ったような身を口に入れたときの
幸せな気分
でも 最近見かけないのです
見かけるのは焼いてほぐして瓶に詰められたもの
炭火で焼いて食べたのが懐かしいです
サバのヘしこも見た事がないです

うちも食わず嫌いな物が結構ありましたよ
なんなんでしょうね?
私はとりあえず食べてみる主義なんですけど
見たこと無いものとか見た目が悪い物とかに
箸をつけないと言うか・・・・・
それで、「なんでこんなうまいもん今まで食べん
かってんやろう」って言うこと多いです(笑)

>たいぞ~~さん
実はフナ寿司は未体験。かなり強烈な匂いらしいですね。

その気持ちわかります!!
自分も酒飲みになる前は何となく避けていた食べ物は沢山ありました!
今では下手物以外は食べれない物は無い位です♪
酒の力は凄い☆彡
(^з^)-☆

>あかねさん
くさや、サバのへしことも、御徒町の「吉池」に置いてありますよ。ぜひ、機会があればお買い求めください。

>ぐっちゃんさん
確かに料理って見た目や匂いって重要ですよね。それにしても、今回は文章が関西弁になってますねぇ~。

>よだれ屋さん
酒を飲むようになって味覚が変わって、好き嫌いがなくなったという人は多いですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177968/31876990

この記事へのトラックバック一覧です: 食わず嫌いでごめんなさい <(_ _)>:

« 秋の味覚の合わせ技―生秋サケの和風キノコソースかけ | トップページ | 男の一人鍋はシンプルがいい―白菜と豚肉のボタン鍋 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ