フォト

他のアカウント

« 松葉ガニと一升瓶を抱えて… | トップページ | 冬は熱燗がいいよね~ »

2009年12月10日 (木)

師走の家飯は肝臓に気を配る―しじみとキャベツのペペロンチーノ風

う~ん、やっぱり師走だなぁ~。
仕事の量は普段と余り変わらないのだが、
気が急いてなんとなく慌しい。
こういうときこそ、
できることからコツコツとやらねば。

そんなわけで、
忙しくなると、外食するも時間も惜しいので、
やはり家飯となる。

麺類ですませることが多いのだが、
最近、メニューに加わったのが
「しじみとキャベツのペペロンチーノ風」。

こいつはキャベツ+コンビーフ、
キャベツ+オイルサーディン、
キャベツ+カツオの酒盗といった
小生のキャベツシリーズのひとつで、
しじみを使ってみたら、
結構イケたので、最近のお気に入りの一品だ。

作り方も結構簡単。

(1)あらかじめ砂抜きしたしじみを水から茹でて、
口が開いて、しばらくしたら火を止める。
(2)スパゲティを茹でる。
このとき、茹で上がる直前に適当に切った
キャベツを鍋に入れて一緒に茹でる。
(3)フライパンにオリーブオイルを敷く。
(4)薄切りしたニンニンクを弱火でじっくり炒める。
(5)香りが出たら赤唐辛子を入れる。
(6)茹で上がったスパゲティとキャベツ、
そしてしじみとその茹で汁を適当に加える。
(7)塩・こしょうを加えて手早く炒め合わせる。
(8)最後に香りづけでしょう油を少々。
(9)器に盛ったら、昆布の佃煮を
トッピングして完成。

最初は、赤唐辛子と一緒に殻つきのしじみを入れ、
酒をふって蒸し焼きにして、
しじみの口が開いたらスパゲティを入れる、
という手順でやっていたのだが、
しじみの口が開くタイミングがまちまちだし、
しじみのエキスをもっと出したいと思って、
いったんしじみを煮るという、
いまの手法にたどり着いた次第。

余ったしじみと汁は味噌汁にできるので、
一石二鳥だ。

しじみの茹で汁をたっぷり使って、
スープスパ風にするのも一興。

しじみは肝臓にもいいので、
お酒を飲む機会が多い
この時期にはピッタリなのだ。

Sijimi001

▲麺を硬めにゆで、麺にしじみの旨みを吸わせる。

よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへBanner2_2

 

« 松葉ガニと一升瓶を抱えて… | トップページ | 冬は熱燗がいいよね~ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昆布の佃煮をトッピングとは意外です
やはり男性は頭が柔らかいのでしょうね
考え付かない取り合わせでした
実家の家の横を流れていた小川でも
綺麗な蜆がとれていました
湧水のあるきれいな小川でしたがコンクリートで
固められて死の川になってしまいました
間違ったと分かったら元に戻せば良いのに・・
そう簡単な事ではないのですね

肝臓の友、蜆! 
さらにウコンをどうにかしてもらえませんか?

>あかねさん
間違っていたから、元にもどせないのが、日本の政治の悪いところです。泣きをみるのは弱者やモノを言えない自然たちです。

>AWANさん
粉末のウコンを水に混ぜて飲む、ではダメかな。

チョー手抜きじゃん(笑)。


シンプルで

チョー

美味しそうじゃないですか〜

(^з^)-☆

>AWANさん
ときどき手を抜かんと、体力が持ちませんって。(^^;

>よだれ屋さん
男の料理はシンプルで美味いのが一番。あさりとは違った感じでしじみもいいですよ。(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177968/32511508

この記事へのトラックバック一覧です: 師走の家飯は肝臓に気を配る―しじみとキャベツのペペロンチーノ風:

« 松葉ガニと一升瓶を抱えて… | トップページ | 冬は熱燗がいいよね~ »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ