フォト

他のアカウント

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月18日 (月)

大阪の味、東京上陸!? 紅しょうが天でポカポカ!!

2010年、1回目の更新です。

新年の1回目というと「今年の抱負」っていうヤツを
普通発表するのだろうが、
そんなものを貫く根性があったら、
とっくに結婚してるって…。(((((**自爆**)))))ドゴーン

って、お約束の自虐ネタを披露したところで、
本日のテーマは「紅しょが天」。
牛丼屋でおなじみの紅生姜の天ぷらで、
大阪はメジャーな惣菜。

紅しょうが独特の辛味と酸味と
シャキシャキとした食感が好きで
大阪に出張したときは、
駅の立ち食いそば(うどん)店では、
たいていコイツを注文していた。

かつてあっちこっちに出張したとき、
立ち食いそばを食べ歩いていたが、
紅しょうが天がメニューにあったのは大阪近郊だけで、
その点では東京の「コロッケそば」と同じで、
立ち食いそば界におけるローカルトッピング部門の
東西の横綱といえるだろう。

そんな紅しょうが天をついに東京・池袋で発見。
場所はJR池袋駅構内の「爽亭」。
池袋にはJR系列の「あじさい」があるので、
多分違う系列の店だろう。
値段は410円。

大阪で食べた紅しょうが天は、
こぶりの紅しょうがを丸ごと揚げたタイプと、
細切りした紅生姜をかき揚げにしたタイプがあったが、
この店は後者で、
しょうがの切り方も細めだ。
個人的にはもう少し太めで
歯ごたえがあるほうが好みだが、
久々の紅しょうが天の味にニンマリ。

表のポスターには「寒い日に一押し」とあったから
ひょっとしたら冬季限定メニューなのかも。
実際、食べてしばらくしてから、
しょうがの薬効で身体もポカポカ。

今年の冬はしょうがブームらしい。
その追い風を受けて、
定番メニューに昇格してもらいたいものだが、さて…。

Beni001

▲場所は中央改札口に入った奥側。

Beni002

▲紅しょうが天そば(410円)。紅しょがのおかげで、後味もサッパリ。

よろしければクリックお願いします。Banner2 人気blogランキングへ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ