フォト

他のアカウント

« 不幸の順番って… | トップページ | 上野でいか焼きを食べ、青春の「すっなくらんど」を想う »

2010年2月20日 (土)

ああ~、万年床にも春は来る!?

雪が降ったり、雨が降ったりと、
うっとうしい天気が続いたけれど、
来週あたりから天気が回復するらしい。

天気が悪いと、何が困るかというと、
布団が干せないこと。
干した後の太陽の匂いがする布団が好きなので、
晴れているときは、
たいてい布団を干すことにしている。
これがフリーランスのいいところだ。

ただ時々、予定が狂って、
夜まで帰宅できないと、
ヒエヒエ~な布団になってしまうことがあるが、
これもご愛嬌だ。

布団を干すもうひとつのメリットは、
部屋が広く使えること。

小生はこの時期、暖房器具としてこたつを愛用している。
悲しいかな小生のボロアパートは、
こたつと布団を同時に使うほどスペースに余裕はない。
どちらかを出すためには
片方を片付けないとならない。

布団を押入れに上げればいいのだが、
根が不精なものでもこれが面倒くさい。
ベランダに干せば、
布団も気持ちよくなるし、
空いたスペースにそのままこたつを立てることができる。
まさに一石二鳥なので、
布団を干しているわけだから、別にマメというわけではないのだ。

だからここ数日のように、
雨や雪が続くとどうなるかというと、
布団を敷きっぱなしにしてしまうことになる。
つまり万年床だ。

中年独身男の部屋に万年床ができると、
どうなるかというと、
途端に貧乏臭くなるんですね。これが。

さらに洗濯物を部屋干しにしたりすると、
貧乏臭が濃厚になり、
目に見えない小さな貧乏神が浮いているような錯覚さえ覚える。

これで仕事にヒマで何も予定がないと、
昼から布団にもぐりこみ、
テレビなんぞを見てしまうと、
松本零士の「男おいどん」の世界へ一直線だ。

今日はなんとか晴れたので、
布団を干すこともでき、
掃除機もかけて、部屋がすっきりした。

これでサルマタケが生えないですみそうだが、
しかし、同じ寝具なのにベッドは
片付けなくても貧乏臭くないのに、
布団だとなぜこうも貧乏臭くなるんだろうか…。

本日は、あまりにもうっとうしい話題だったので、
画像だけは晴れ晴れと。
先日の雪の日に撮影した早咲きの桜が、
もう六分咲きぐらいになっていた。
Sakura001_2
▲やっぱり桜は青空が似合う。
Sakura002
▲メジロを蜜を吸いにきた。

よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへBanner2_2

« 不幸の順番って… | トップページ | 上野でいか焼きを食べ、青春の「すっなくらんど」を想う »

「喜樂家の「恥」の歴史」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

喜楽屋(どら猫)さん おはようございます
私もお天気が良ければ冬は突然の雨と云うことが少ないので出かける時も布団を干して出掛けます
でも・・予定より遅くなると折角干した布団が冷え冷え ご近所さんには又出掛けてると一目瞭然トホホです
桜の便りが待たれる季節になりましたね

>あかねさん
今は梅の時期ですね。
近所に梅林があって、夜や早朝にその前を通るといい匂いがしていい気分になりますよ。


自分は布団乾燥機です〜

洗濯物も外には干しません〜

外に干すと体が何か痒くなるのです…

太陽の香り好きなんですけどね〜

(^з^)-☆

>よだれ屋さん
花粉症の方なんか、やっぱり外には干せない人が多いようですね。
最近は洗剤や柔軟剤で「太陽の匂い」をウリにしているタイプもあるから、そっちで間に合わせるのも手かもしれませんね。

桜の画像が美しい~~。

私は花粉症なので常に洗濯物も部屋干しです。
部屋干しの臭いと加齢臭と貧乏臭で
殺人レベルの悪臭を放ってるかも。

今まで2回程エスカレーターで前の人が転倒したんですが・・・。もしや?
世間の皆様すみません。

3月もまた暖かかったり寒かったりですね。
体調気をつけて下さい。

>ミニマムさん
お久しぶりです。

部屋干しの臭いと加齢臭と貧乏臭―。

そんなご謙遜を。
「男やもめに蛆がわき女やもめに花が咲く」というじゃありませんか。(^^)

ところでミニマムさんはブログやめられてしまったのですか?
以前のところが閲覧できなくなっていたので、気になっていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177968/33461161

この記事へのトラックバック一覧です: ああ~、万年床にも春は来る!?:

« 不幸の順番って… | トップページ | 上野でいか焼きを食べ、青春の「すっなくらんど」を想う »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ