フォト

他のアカウント

« 高円寺で古典の風に吹かれた・・・柳家喬太郎 | トップページ | 上板橋で上質な「かわりそば」に巡りあう-「蕎香」- »

2010年5月 1日 (土)

白鳥ワールドに酔いしれる-落語@高円寺

さて、高円寺での落語会の二日目。
オープニングトークで三三師匠は正装の着物姿なのに、
白鳥師匠はアロハシャツと短パンで登場。
芸風通りに型破りのお方です。

トークはガキ使形式で、白鳥師匠が落語界の疑問に答えるというパターン。
で、そのテーマにあがったのが「圓生の襲名問題」
「小三治の落語協会会長就任」「落語界改革」と、
まあ、ほぼオフレコ扱い内容。

トーク後に高座に上がった三三師匠が
「さっきのは聞かなかったことにしてください」と念を押す始末。

三三師匠のネタは『鰍沢』。
実は鰍沢というと、小生の田舎の隣町でもあるのだが、
昔はどうか知らないけれど、
今は噺にあるほど雪は降らないので誤解しないでね。

『鰍沢』は三遊亭円朝作で、
人情噺のカテゴリに入るが、今風にいえばサスペンス。
だから笑いを楽しむというより、
物語性や演者の心理描写を楽しむタイプ。

「笑い」とは縁遠い噺だけに、
ヘタな噺家がやると聴けたもんじゃない。

師匠の小三治師匠にしっかり叩き込まれているのか、
三三師匠の『鰍沢』は
ピンと張り詰めた糸のような緊張があり、
いつしか噺に引き込まれてしまった。
三三師匠って、多分玄人ウケする噺家なんだろう。

で、仲入り後はいよいよ白鳥師匠。
ネタは『中村仲蔵みたいな淀五郎みたいな噺』(仮題)。
古典落語家"みみちゃん"を主人公したパロディ噺。
しかもこの日がネタおろし。

主人公みみちゃんが、
大御所で病気からの復帰した○志師匠の
リレー落語の相手に選ばれ七転八倒するという物語。

詳しいストーリーを解説するのはヤボだけど、
古典落語の『文七元結』『淀五郎』『中村仲蔵』の
エッセンスを取り入れたパロディ落語。

噺には○志師匠をはじめ、現役の落語家も多数登場。
そもそも"みみちゃん"は三三師匠がモデルだし、
白鳥師匠自身も重要な役どころで出演するなど、
現在の落語業界の縮図のような噺で、
ただただ爆笑。

登場する噺家さんや、
元になった噺を知らなくても笑えるというのは、
さすが若手新作落語の第一人者といわれるだけのことはある。

最近、テレビのバラエティやお笑い番組は、
「ここで笑え」と言わんばかりに効果音が入るけれど、
落語には一切それがない。
自分が笑いたいところで笑えるし、
演者も効果音なんかには頼らず、観客を笑わせようとする。
真剣勝負って感じがして、
そのあたりもいいんだな。

よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへBanner2

« 高円寺で古典の風に吹かれた・・・柳家喬太郎 | トップページ | 上板橋で上質な「かわりそば」に巡りあう-「蕎香」- »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177968/34474434

この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥ワールドに酔いしれる-落語@高円寺:

« 高円寺で古典の風に吹かれた・・・柳家喬太郎 | トップページ | 上板橋で上質な「かわりそば」に巡りあう-「蕎香」- »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ