フォト

他のアカウント

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月19日 (月)

夏の定番、山形名物の「だし」を作ってみた

梅雨明けしたとたんに、真夏の陽射し。
まったく極端過ぎる。
体力の衰えが気になる中年男の立場で言わせてもらえば、
「もう少し遠慮しろ」と、太陽に怒鳴りたい気分だ。

まっ、太陽に喧嘩を売っても勝てる道理もないので、
せいぜい暑さをしのぐ食べ物で対抗しよう。

で、本日ご紹介するのは山形名物の「だし」。
ここ数年、東京のスーパーでも出回るようになっているので、
ご存知の人も多いだろう。

細かく刻んだ夏野菜を醤油で漬けた郷土料理で、
小さなパックに入っていて300円前後で売っている。

小生も最初は買っていたのだが、
2年ぐらい前から自分で作るようになった。
やってみると結構簡単だし、味も市販品はほとんど変わらない。
むしろ自分好みに微調整できるから、美味いくらいだ。

用意するものは、
●きゅうり(1本)
●茗荷(3つ)
●青紫蘇(2~3枚)
●納豆昆布(少々)
●茄子(半分)
●オクラ(2~3つ)
って感じ。
Dashi001
▲材料を刻んでボールで混ぜる前。

(1)茄子を細かくみじん切りにし、灰汁をとるためにすぐに水をつける。
(2)きゅうり、茗荷、青紫蘇を同じようにみじん切りにする。
(3)オクラは軽く塩もみして茹でてから、みじん切り。
(4)野菜類をボールなどで混ぜて、納豆昆布を加える。
(5)最後にめんつゆを適量加え、かき混ぜて冷蔵庫へ。
(6)2時間ぐらい寝かせれば完成。
※野菜から水分が出るので、めんつゆの量は野菜が半分浸かる程度で十分。

野菜は何を入れても大丈夫のようだが、
きゅうり、茗荷、青紫蘇はマストアイテム。
オクラと納豆昆布を入れて、
ネバネバをプラスしてしまうのが、
四十男の哀しい性か…。(((((**自爆**)))))ドゴーン

納豆昆布は100均でも売っているが、
なければ普通の出汁昆布を細かく刻んで入れてもOK。
Dashi002
▲めんつゆを入れてしばらくすると野菜から水分が出る。
ここで塩や醤油で味の微調整してもいい。

小生の場合は、
これに大根や蕪の葉を刻んだものを入れるし、
もっとネバネバがほしいときは、
長いもや茹でて刻んだモロヘイヤをプラスするし、
ピリ辛にしたいときは、青唐辛子を刻んで入れる。

またとんぶりをプラスすると、
プチプチとした食感が加わり、また違った味わいが楽しめるし、
少し酢を混ぜてもサッパリしていい。

ご飯や豆腐にかけたり、
焼いた厚揚げや油揚げの薬味にしたり、
ぶっかけ風うどんやそばなど麺類のトッピングにしたり、
結構重宝する。

Dashi003_2

▲冷奴の薬味の代わりにして。

Dashi004_2

▲ほかほかご飯のおともに。

作ってすぐ食べるのも悪くはないが、
2日ぐらいして味が染みたヤツもなかなか。

塩分濃度もあるだろうけれど、
冷蔵庫で保存しても1週間は持たないので、
これだけはご注意を。

よろしければクリックお願いします。
人気blogランキングへBanner2

2010年7月14日 (水)

金属アレルギーと作務衣

これまでの人生、花粉症といったアレルギーには無縁だったのが、
四十の坂を越えたあたりから、
金属アレルギーが出るようになった。
金属と汗が反応するのか、
梅雨時から夏にかけてだけなのだが、
腕時計のベルト、
ベルトのバックルや、ズボンのホックにも反応し、
気がつくと腕やお腹周りが発疹で真っ赤になっている。
時計のベルトを皮製に替えてもダメだったので、
多分留め金部分にも反応しているだろう。

時計は外せばいいからまだいいのだが、
困るのはズボンだ。
ベルトをしないですませても、
ズボンのホックを外したまんまではいられない。
そんな状態でうっかり外をうろついたらどうなるだろうか。

たたでさえ、
会社に行くでもなく、
アパートで夜中までゴゾゴソとなにかしている、
正体不明の不審人物みたいな
生活を送っているだけに、

そんな変態チックな格好で外を歩いていたら、
ご近所さんに通報され、
警察のお世話になりかねない。

そのため、この時期は家にいるときは、
甚平や作務衣を愛用している。
どちらも腰まわりヒモで結ぶようになっているので、
アレルギーの心配もない。
風通しもよくなかなか快適だ。

とはいえ、都心へ出るときや、仕事のときは、
ジーパンやスラックスに着替えることになり、
結局はすぐ発疹がぶり返すはめになる。

どうせボツボツが出るならば、思われニキビが出て欲しい。(^^ゞ

よろしければクリックお願いします。
人気blogランキングへBanner2

ポチッとよろしく!

2010年7月 7日 (水)

七夕の願いは届くのだろうか…

今日は七夕。
東京は生憎の天気で、天の川も見れそうにもない。

ウェザーニュース社によると、
今年7~9月におけるくゲリラ豪雨は、
東京で前年比45%増の140回、
大阪府では約2倍の270回も発生するらしい。
これも温暖化の影響なんだろう。

さて、本日、気分転換がてらに
石神井公園をブラブラしていたら、
七夕飾りがいっぱいあって、ちょっとビックリ。
去年までは印象がないから、
今年から始めたのかな。

短冊を見ると、
「サッカーがうまくなれますように」
「お菓子がいっぱい食べたい」
「大きくなりたい」
など子供らしい微笑ましい願いもあれば、
なかには「超金持ちになりたい」
などと即物的な願いも。

七夕飾りの近くを見ると、
「自由にお書きください」と短冊が置かれていたので、
小生もさっそくスラスラスラ…と。

「世界に戦争がなくなりますように…」
「世界中の人がなかよく平和にくらせますように…」

と「サイボーグ009」の「ヨミ編」の台詞を書き綴り、
笹の葉に結び、家路へ。

でも、どうせなら、
「どうかお嫁さんが見つかりますように…」
と書いておくべきだったか。いややっぱり「金」か…。

そこで一句。

短冊に
世界平和を
願いつつ
心のなかは
煩悩ばかり
001
▲雨でも願いが届くかな…。

よろしければクリックお願いします。
人気blogランキングへBanner2

ポチッとよろしく!

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ