フォト

他のアカウント

« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年9月

2011年9月 7日 (水)

立ち食いなのにジュレ

立ち食いそばというと、
天ぷら、コロッケ、ワカメ、ちくわ天あたりが定番だけれど、
最近はメニューが増えている。

以前、ここでも紹介したJR池袋駅構内にある
「爽亭」も頑張っている店のひとつ。
見た目は普通の立ち食いそば屋だが、
しっかり季節メニューを取り入れているあたりはタダものじゃないのだ。

001_3
▲枝豆が入るだけでかき揚げが夏になる。

いくつかの季節メニューの中でお気に入りは「枝豆天」(400円)
「冷やし梅ゼリーサラダ」(480円)。
前者はかき揚げに枝豆が入っただけなのだが、
枝豆が入ると、とたんに夏らしくなるから不思議だ。

後者は梅味の出汁を
ゼリー状に固めたものがトッピングされている。
最近、流行りのジュレを取り入れるあたりは
「お主、なかなかやるな」という感じだ。

しかしアイディアは良かったのだが、
最初のうちはジュレが固まり過ぎていて、
麺にからまず、麺のボソボソ感が際立ってしまっている
ような印象を受けた。個人的にはイマイチ。
002
▲少しだけ汁を加えてくれればいいと思う。

立ち食いそばは食べる側も短時間勝負。
もう少し緩めにするか、普通の冷やしメニューのように、
あらかじめ汁を少しかけたうえで
ジュレをトッピングしたうがいいかも。

それにしても立ち食いそばだって、こんなに頑張っているのだから、
街のそば屋が旧態依然のメニューを出していては
先行きが暗くなるばかり。
もっと頑張ってよ、街のおそば屋さん。

よろしければクリックお願いします。Banner2 人気blogランキングへ

« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ