フォト

他のアカウント

« 古典落語の魅力って何だろう? | トップページ

2014年1月14日 (火)

石神井公園の伝説の店で名物のハムカツを

小生が石神井公園の名物のひとつと呼んでいるのが、この辰巳軒のハムカツだ。
辰巳軒は昔ながら街の定食屋。ご主人は洋食畑が出身なのだが、
ラーメンやマーボー豆腐など中華料理も得意のようだ。

同店とその近くにある「ほかり食堂」には、ある伝説が残っている。
昭和26年、この近所の壇一雄宅に身を寄せていた坂口安吾が、
何を思ったか辰巳軒とほかり食堂にライスカレー100人前の出前を注文。
次々と届けられるライスカレーを芝生の上にズラリと並べ、十数人の仲間たちと片っ端から食べたという
「ライスカレー騒動」の一方の主役となった店でもある。

で、こちらハムカツは普通のハムカツと違い
二つ折りにしたハムの間に、ポテトサラダを挟んで揚げたもの。
香ばしい衣をまとったハムの塩気とポテトサラダの甘みの組み合わせが実に絶妙なのだ。
単品で注文してビールのあてにすると、これが旨いのなんのって。
チーズを挟んだハムカツはよくあるが、
まさかポテトサラダを挟むとは、目からウロコの組み合わせに拍手パチパチ。
これで1個150円はすごいと思う。
20130306_130151

▲アジフライとハムカツのセット。昔ながら洋食ぽい。

20130306_130237

▲ハムの中にポテサラ。かなりきめ細かなタイプのポテサラです。

« 古典落語の魅力って何だろう? | トップページ

出没エリア」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
ハムカツめっちゃ美味しそうですね~
アジフライも好きなのでdelicious
昔ながらの洋食屋さんって父と行った思い出がいっぱい詰まっているようでなんかとても懐かしいですnote

>ぐっちゃん
こんにちは。
知人がこのハムカツに挑戦したらしいですが、上手くできなかったとか。やっぱり技術があるみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177968/54606809

この記事へのトラックバック一覧です: 石神井公園の伝説の店で名物のハムカツを:

« 古典落語の魅力って何だろう? | トップページ

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ