フォト

他のアカウント

音楽

2010年5月31日 (月)

年をとると読書や音楽に触れる機会が減る…

昔に比べると音楽を聴かなくなった。
仕事をしているときも何らかの音楽を流しているから、
聴いてないわけではない。
正確にいうと新しい音楽を聴かなくなったというべきか。

もともと「詩」の持つ世界観に魅かれるタイプなので、
洋楽はあまり聴かない。
だから今でも「かぐや姫」「風」「チューリップ」といった
ファークソングやニューミュージックといわれた
ものはよく聴いている。

それでも30代の頃はテレビやラジオから流れて曲に
心惹かれCDを借りたり、買ったりしたものだ。

ところが先日、CDを整理して愕然とした。
ここ数年CDを1枚も買っていないのだ。
買ったのは前述した懐メロ系と落語のみで、
最近流行りのアーティストなんか影も形もない。
カラオケのレパートリーに至ってはこの10年変わってない。
まずいよな~、これ。

音楽同様に困っているのが漫画。
自宅で仕事をするようになってから、
漫画週刊誌を買わなくなったので、
最近の漫画が分からない。
たとえば漫画喫茶に行っても、
何が面白いのか分からないので、
結局、「こち亀」なんぞを読んでしまっている。

今の音楽や漫画が悪いわけではないと思う。
ちゃんと聴いたり、読んだりすれば、
きっとすごいと思うだろう。

ただそれを受け入れるだけの柔軟性が
頭と心になくなってきているような気がする。

10代、20代の頃は、乾いたスポンジが水を吸い込むように、
どんなものでは吸収できたのに…。
これって年をとると頑固になることと
関係があるような気がする。

で、最近はYouTubeで色々な曲を聴いている。
そのなかで気に入ったのがこの「青い夏」。
歌っているのは山本潤子と伊勢正三。
さんざん新しいアーティストといって、
結局は「赤い鳥」と「かぐや姫」なのか、
ってご指摘は頭が痛いが、
気に入ったものはしょうがない。
本当にいい曲なんだもん。

よろしければクリックお願いします。
人気blogランキングへBanner2

2009年5月31日 (日)

まだまだ老けてはいられない!!

先日、久し振りに佐々木幸男のライブに行ってきた。
佐々木幸男といっても、
ご存じない人も多いのだろうが、
「ヤマハポピュラーソングコンテスト」、
いわゆるポプコンの出身のシンガーソングライター。

当時、ポプコンと連動していた「コッキーポップ」というラジオ番組で、
ザーザーと鳴る雑音の合間から流れてきた、
佐々木幸男さんのハスキーな歌声が、
高校生の小生にはなんとも大人っぽく魅力的だったことか。

活動の拠点を札幌に移しているため、
東京でライブは年に数回ぐらいだという。
還暦を目の前にして、頭髪にも白いものが目立っていたけれど、
歌声ややさしい語り口調は昔のまま。

そんな心地よい時間の中、
「男子三日会わざれば刮目して見よ」のことわざを例にあげ、
「男は40、50になっても進歩できる」と漏らした
佐々木さんの言葉が印象に残っている。

前日、同じ会場で元ふきのとうの山木康世のライブを見て、
ギターの技術や歌唱法がかつての山木さんと比較すると、
別ものだったところからそう思ったのだとか。

アーティストとして進歩しつづける山木さんもすごいが、
それをしっかり認められる目と度量を持つ佐々木さんもまたすごい。

そんな意味でも、
この日はちょっと勇気づけられた夜だった。


よろしければクリックお願いします。 人気blogランキングへBanner2

 

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ